自衛隊・防衛問題に関する世論調査?


今日の新聞の1面に載っていた内容である。

二十歳以上の男女3000人の個別面接による回答結果によると

45%の人が日本が戦争に巻き込まれる危険があると答えたそうだ。

朝鮮半島情勢、国際テロ、中国の軍事力近代化が上位にあり

東アジア情勢の不透明さに危機感を感じているようだとしている。

日本の安全を守る方法としては現状通り日米安保体制と自衛隊を

選んだ人が76.2%を占めたという。

どこまで真剣に考えての回答か疑問だが設問自体が

愚問過ぎたのではとも思う。

現実に戦争に巻き込まれた場合の具体的対応は

何も考えていない気がするからだ。

戦争そのものを実体験していないのだから

仕方が無いとは思うが、戦争とは個人の戦いではない、

国と国との戦いである。

国の存続をかけて国民が命を懸けるのに

自衛隊だけに任せようというのか。

米国に代わりに戦って貰えると思っているのだろうか。

逆に考えれば最初から全く戦わずに相手の国に

無条件降伏すれば戦争は起こらない訳であるが。

それとも日本と言う国が無くなっても

別に個人的には困らないと考えているのだろうか。
かつての日本人には武士道精神と言うものがあった。

命をかけて守る大切な物を持っていたように思う。

意地や誇り、義理、人情、そして愛する者を

守り抜く勇気と正義感。

第二次大戦の末期に戦った多くの若者は

勝てないと知りつつもそれを失わずに戦いに臨んだ。

それを犬死にと笑う資格は自分には無い。

最近はそれが失われてしまっているのでは無いか。

それでも何も失う物が無いとしたら

人は一体何を目的に生きているのだろうか。

 

 

広告

みどりの日


今日は祝日である。
以前は天皇誕生日と言っていた。
だから来年以降は昭和の日に変更になるらしい。
日本の祝日はたびたび追加と変更がされている。
前回の改正の時に成人の日や体育の日が
第二月曜となり毎年違う日にちになってしまった。
土曜日からの3連休を増やす事が目的のようだが
中小企業にとってはあまり意味が無いように思える。
週休二日制にしても完全に守られているのは
公務員と大企業だけでしかない。
年間で平均して週40時間を認めているので
105日を休みさえすれば最低条件は
クリアしているからである。
盆とGWと正月にまとめて休みを取ってしまえば
あとは月に一度の連休だけで消化できる。
週40時間は年間平均で成立しているのだ。
だが現実はもっと厳しい。
定時で帰れるならば上記の条件でも可能だが
残業をしていればそうは行かない。
その残業時間も法の規制以上になると
サービス残業をする事が暗黙の了解
と世間では常識になっている。
何か事件や事故が起こった時だけ
ニュースになったりするが、
そんな物は氷山の一角に過ぎない。
労働者を本当に保護したいのなら
もっと現実的な政策が必要ではないかと思う。
 
 
 
 
 
 

教育基本法改正案?


今日の夕刊に載っていたニュース記事である。
今国会での成立は困難との情勢らしいが、
戦後教育のスタートした1947年制定以来の
全面改訂で前文と18条に纏められている。
 
内容(改正案全文が紙面にのっている)は
「愛国心」の表現と「義務教育」の年限削除。
「生涯学習の理念」や「家庭教育」の条項の追加、
と多岐に渡っている。
 
一通り条文に目を通しては見たものの
どうも法律という奴は抽象的で自分には判りにくい。
読んでいて気になるのはやたらに文章の末尾に
「~されなければならない。」と書かれている事。
否定か肯定かもっと明確に書けば良い物を
なぜこんなにまどろこしい表現になるのだろうか?
自分なら文語体で「~すべし。」か
「~を禁ず。」の方が、ずっとしっくりと来るのだが。
 
それと「もし~されなかったとしたら」どうするのか?
国は「努めなければならない。」では無く
「断固として実践する。」か
あるいは「責任を全うする。」
という覚悟を明記すべきではないのか?
 
守るべき信念を持たない法律は
所詮それだけの価値が無いものだと思う。
 
 
 
 

ホリエモンの保釈?


ホリエモンこと堀江貴文被告が
ようやく保釈されたようだ。
会社から帰宅後テレビのスイッチを入れたら
丁度、東京拘置所から堀江被告が出た所を
各テレビ局が実況で生中継している場面だった。
3ヶ月ぶりに見せた顔は
大分痩せているように見えた。
保釈保証金を3億円支払ったと言う。
小市民の自分には気の遠くなるような金額だ。
裁判所が起訴事実を否認している被告を
初公判の前に保釈するのは
異例の事だそうである。
どちらにせよ裁判はこれからと言うことで
結果はどうなるのか黙って見守るだけだが
耐震偽装と違って株取引の話は
法律的に何処までが合法で
何処からが違法なのか自分には良く判らない。
ライブドアの株が暴落したのも
東京証券取引所が停止状態になったのも
検察の手が入った為のものだと思うし、
風説の流布と言うものも何処までを言うのか
素人にとってはよく理解できてない。
こういった事も裁判を進めるうちに
はっきり判るようになるのだろうか?
 
 
 

 

在日米軍再編費用に3兆円?


2012年までに普天間飛行場移転や

グァム移転にかかる経費の日本の負担額だそうだ。

今夜の夕刊の記事の内容である。

何をどう計算しての結果かと思うのだが

軍隊を持てない日本としては米国の言うままに

従うことになるのだろうか?

自分の国を自力で守れない国が

核兵器の廃絶や平和を訴えても

世界が認めてくれるとも思えない。

日本国憲法の第9条改正問題にしても

現状をどう認識していての発言かと思う。

はっきり言えば日本は戦争はしないが

米国の指示には従って行くと言う事。

自分の国の為の戦争は出来ないので

米国の戦争へは資金協力は惜しまないと

暗黙の了解がされているようなものだと思うのだが。

自分で自分を守れなくて何の平和だろうか。

人道支援を言うのなら

丸腰で渦中に飛ぶ込む覚悟が必要だろう。

かつて経済大国とかエコノミックアニマルとか言われていた

金儲けばかりを考えていて全てを金で解決しようとする。

日本はそういう国なんだと

全世界からそう見られているように思われる。

そのくせ国民には生活の充足感はゼロである。

なんとも情けない話である。

 

共謀罪とは?


このブログを立ち上げて今日で丁度一ヶ月である。
とりあえず毎日更新を目標にやってきたが
やはり少しばかり無理なような気がする。
何より精神的に疲れるのである。
しかしぼんやり過ごすとあっという間でも
こうして何かを書いていると結構長く感じられる。
 
まあそう気張らずに続けて見ようと思う次第である。
今日はあのJRの脱線事故からも丁度一年でもある。
改めて遺族の悲しみの深さと悔しさを考えさせられる。
 
もう一つの気になるニュースは「共謀罪」法案というもの。
犯罪を犯していなくても話会っていただけで罪を問われるという。
うっかり不満も漏らせない世の中になるのだろうか?
法という物は人を束縛する為だけに有るのだろうか?
何か考え方が間違っていると思うのだが・・・
限りなく暗い世の中になりそうで嫌になる。
 
 
 

トラブル発生!!


世間は今週末から連休だと言うのに

当社の仕事の方は問題だらけである。

生産設備のトラブルで生産ラインがストップしたのだ。

設備間の通信トラブルが発生しているようで

どうしてもサーバーのパソコン電源が入らない。

ハードディスクかマザーボードの破損か

ケーブル関係の接触不良のどちらかのようである。

業者に連絡しても部品を取り寄せてからでないと

復旧の見通しがつかないという。

何とか部品の在庫場所が確認できたが

ここまでの輸送に2時間近くかかるという。

夕方遅くになってやっと部品の方は入荷したが

設備が復旧したのは午後7時半を回っていた。

それから生産対応と言うことで右往左往して

結局帰途に着いたのは10時を過ぎてしまう。

お陰で夕食は吉野家の牛すき定食で済ませる。

入浴も出来ずに今夜は寝る事にする。

明日もゴタゴタが続きそうな予感である。