いつも疑問に思う事

日本という国は島国である。

四方が海に囲まれているのだから

国境とは無縁のように思えるのだが

北から南まで領有権の基準が不明確である。

北方領土のロシアとの対応、韓国との竹島問題、

台湾、中国との尖閣諸島問題など、

全てが第二次世界大戦で日本が敗戦国となってから

何も言えない内に各国から勝手に占有されて来た。

歴史的な見地からみれば当然日本の領土で

他国にとやかく言われる問題は無いはずなのに

軍備を持たず、戦争放棄を謳った憲法のお陰で

何も相手の態度に反論出来ないでいる。

話し合いで解決するには相手を満足させるしかない。

今のままで我慢しているとそのうちに

日本は陸続きになっている北海道、本州、四国と

九州だけしか残らないのではないか?

いつの日か、樺太や竹島まで海底トンネルでも掘って

本土と繋げれば領土権を認めてもらえるのかも知れない。

それが出来るのは今世紀中は不可能に近い気がする。

狭い地球の中で人間達の欲と権力闘争が止まらない。

争うことが人間の宿命なのだろうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中