在日米軍再編費用に3兆円?

2012年までに普天間飛行場移転や

グァム移転にかかる経費の日本の負担額だそうだ。

今夜の夕刊の記事の内容である。

何をどう計算しての結果かと思うのだが

軍隊を持てない日本としては米国の言うままに

従うことになるのだろうか?

自分の国を自力で守れない国が

核兵器の廃絶や平和を訴えても

世界が認めてくれるとも思えない。

日本国憲法の第9条改正問題にしても

現状をどう認識していての発言かと思う。

はっきり言えば日本は戦争はしないが

米国の指示には従って行くと言う事。

自分の国の為の戦争は出来ないので

米国の戦争へは資金協力は惜しまないと

暗黙の了解がされているようなものだと思うのだが。

自分で自分を守れなくて何の平和だろうか。

人道支援を言うのなら

丸腰で渦中に飛ぶ込む覚悟が必要だろう。

かつて経済大国とかエコノミックアニマルとか言われていた

金儲けばかりを考えていて全てを金で解決しようとする。

日本はそういう国なんだと

全世界からそう見られているように思われる。

そのくせ国民には生活の充足感はゼロである。

なんとも情けない話である。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中