システムのバージョンアップ


8月もとうとう今日で終わりである。
得意先が中間決算ということで明日から3連休となる。
で今日は夜勤が早く終わるので生産数も少ない。
休み明けから伝票類の統合化ということで
システムのバージョンアップを連休中に
やっておくように指示が出ている。
休みに来る気も無いので終業後にやることにした。
プログラムのダウンロードをやり解凍して
サーバ、クライアントへのインストール。
あと他工場への転送用にCDへバックアップする。
とりあえず一時間位で終了できた。
後は休み明けの受信確認からだ。
 
広告

ガッカリとビックリ


今日も朝から小雨がぱらついたので
少しは涼しくなるかと期待したのだが
昼間はやっぱり暑くてガッカリした。
それと2016年のオリンピック誘致が
東京か福岡か今日決定というので
よく聞いてみると候補地として決定とのこと。
最終決定で無いのになんで騒ぐのか不思議である。
さて夜、GSによって給油してから自宅へ戻ると
部屋の電気が煌煌と点いているではないか。
おかしいなあ、朝はチャンと消灯していた筈だが
キーを解除して入室後よくみると
家電のタイマースイッチが全て点滅している。
何だ、停電があったのかとびっくりからチョッと安心。
しかし停電の案内は来ていなかったのだが
緊急の事故でもあったのだろうか。
それにしてもリモコンのスイッチの蛍光灯は
こんな時に不便なものだと痛感した。

秋の味覚


昼間の暑さはまだ続いている物の
セミの声が少し元気が無くなってきたように感じる。
代わりに日が沈む頃から草むらの陰で
秋の虫が鳴き始めているようだ。
セミの声よりこちらの方が耳には気持ちよくは思う。
秋は確実に近づいているようだ。
この辺の学校では今日から二学期が始まったらしい。
最近は学校も週休2日制なので
代わりに夏休みを短くしたのだろうか。
でも2学期は勉強よりも行事が多かった気がする。
運動会とか文化祭とか・・・
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、もの思う秋。
何にでも秋をくっつければそれなりに楽しめた。
自分は田舎育ちなので
山や林の中での秋の味覚が一番好きだった。
クリやシイのみや山ブドウなど
とにかく行きさえすれば何かが手に入った。
学校の行き帰りに悪友に誘われて
周りにあった色々な果実を頂いた記憶もある。
学校で皆で山芋掘りに行った事もある。
今でも懐かしい思い出である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青いハンカチ


甲子園の優勝投手、早稲田実業の斉藤投手が
マウンド上で顔の汗を拭っていた青いハンカチが
どこで買えるかと問い合わせが殺到しているらしい。
延長再試合の興奮もさることながら
定価が400円のこのハンカチが
ネットオークションで10000円を超える値が付いたと言う。
斉藤選手の使用品でも無いのに何故?
製造元の社長ならずともこんな高値で
中古品を買う気持ちが分からない。
昔、石原裕次郎の赤いハンカチがヒットしていた。
高倉健の幸せの黄色いハンカチという映画もあった。
今は斉藤投手の青いハンカチに酔いしれる?
ハンカチには罪も無いからまだいいが
斉藤投手にはもう少し
安らぎの時間を与えてやる気遣いが欲しい。
芸能人ではない普通の高校生なのだから・・・

平成教育委員会


夜、何気なくテレビのチャンネルを切り替えると
たけしの平成教育委員会2006をやっていた。
1990年代に毎週やっていた番組だが
2000年から年一回のスペシャルとして
放送しているらしい。
懐かしさもあって最後まで見ることにした。
この番組は内容もさることながら
司会役のビートたけしと
委員長役の逸見政孝の掛け合いが楽しくて、
当時毎週欠かさず見ていたものである。
特に実験による検証が毎回のようにあり
学校の勉強もこんな感じでやれたら
子供たちももっと勉強に
熱中するのでは無いかと思った程だ。
知識は覚えることより
体験することで身に付くものだから。
今、小学校から英語を教えるとか
古典を読ませるべきとか
教育基本法の見直しが騒がれているが
もっと大切なことが忘れられているような
そんな気がするのは自分だけだろうか。
 

24時間テレビ


8月も1週間を切る頃になると
昼間の蒸し暑さはまだ厳しくとも
さすがに朝晩は吹く風も涼しく感じる。
秋が少しづつ近づいているようで
去り行く夏がちょっぴり寂しく思われる。
土曜日と言うことで
いつもよりは早く退社する。
テレビを点けるとプロ野球中継の画面。
巨人対阪神戦をやっていたが
阪神は今日も負けている様子。
チーム全体がスランプ状態のようである。
中日のマジックが簡単に減っていく。
セリーグはもう消化試合か?
9回表で10対0の所で中継終了。
チャンネルを変えると日本テレビ系で
今日は24時間テレビをやっている。
今年のテーマは絆らしい。
ヤンキースの松井選手と
下肢障害の少年との絆が紹介されていた。
生きている限り、誰にも不安や悩みはある物。
それにどう立ち向かうかは本人次第。
信じる事さえ確信できたら前進するだけ
その結果がどうであろうと後悔はしない筈だと。
そんな気持ちにさせられた瞬間でもあった。
 
 
 
 
 

クーラー病?


夏も終わりに近づいたが
暑さはまだ当分続きそうな感じである。
天気が良いのは有り難いのだが
この蒸し暑さだけは勘弁して欲しい。
事務所のクーラーも温度調整が出来ない為
朝から切ったり着けたり慌しい事この上ない。
足元がジンジン冷えるほど利かせるので
我慢できずに外へ退避する事もたびたびである。
クーラー病にならない方が不思議な位である。
さて明日一日出勤で日曜日である。
もう一頑張りするしかないよなあ。