夢の超特急


今日で11月も最後。
テレビを点けるとニュースの中で
東海道新幹線の最初の車両だった0系が今日で最後と
言う事でどこのチャンネルでも話題になっていた。
東京オリンピックの時の登場以来44年間走り続けた、
丁度日本の経済成長期と一緒だった。
自分も何度となく乗車したものだが
消えるとなるとやはり寂しいものだ。
団塊世代の自分たちと同時代を生きた訳で
こちらも間もなく定年だから余計に
そう感じるのかも知れない。

紅葉列島


天気が良かったので
しばらくぶりに市内ドライブしてみた。
気温もそれほど低くもなく快適な日。
公園の木も街路樹もしっかり色を変えていた。
冬に入る前の最後の姿のような鮮やかな色彩。
色は派手だが何となく寂しいのは
やっぱり秋の終わりを感じるからだろう。

あと4週間で・・・


今年も残すところ1ヶ月になった。
本当に時間が加速度をつけている様な気がする。
12月を迎えると気ばかりが焦るが
寒さはまだ本格的とは思えない。
しかし日の出が遅いので
朝の起床が辛くて仕方が無い。
布団や毛布と仲良くしていたい気がして
分刻みで時計を見直す毎日である。
 

トラブル多発?


相変わらず毎日会社のサポセンのような事ばかり
させられている自分がいる。
今日もまた色々付き合わされている内に
帰宅が遅くなってしまった。
夕食はまたスーパーの弁当を買ったのだが
時間が時間なので半額セールの物が多く
その中の一つと野菜を買って帰る。