落雷・昇雷?

夜、テレビを見ていた。
アインシュタインの目で雷の特集。
高速度カメラで捕らえた雷の姿で
肉眼で見える稲妻より早くから
微弱な光が走っている事が判明。
1度に数百メートルも空中放電してはいないようである。
それに落雷と言うから常に上から下だと思っていたが
下から上に向かう雷もあった。
雲間を数キロも横断する物もある。
それに最近の悩みは電算関係の通信機器に
トラブルが及ぶ事が一番の問題だろう。
これらの対策に会社はどれだけ関心を持っているかが
頭の痛い話である。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中