裁判員の判決に思う

耳掻き店員殺害の判決公判が今日あったが
やっぱり死刑にはならず無期の判決だ。
当然と言えば当然のような気がする。
どんな凶悪犯でも反省の姿勢を見せれば
一般人の審判員が死刑など宣告は無理と言うもの。
おそらくこの先も死刑判決が出る事は無いだろう。
現実的に死刑廃止と同じ結果になりそうである。
しかし無期とは期限が不明と言うだけで
実際は何年後かには出所の可能性が高い。
これで本当に良いのだろうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中