自粛と節約の違い?

東北の大震災以来どうも暗くなってしまった日本。
電気や水が足りないのは仕方がないにしても
もう少し元気の出るような話題が欲しい物である。
自動車メーカーはずっと操業停止が続いている。
他の生産工場も操業縮小に追い込まれている。
祭りやイベントも次々と中止の憂き目にあっている。
これではとても被災地を励ますどころではない。
何処かおかしい最近の風潮である。
節約と自粛は似ているようでも全然違うと思う。

無駄を省き最小限の費用で最大の効果を出すのが節約。
必要でも他人の為に自分の活動を遠慮するのが自粛。
国民生活は日々の活動によって支えられる物である。
震災から復興の為に何が必要で何が無駄かを
もう一度しっかり見直す時ではないだろうか。
この震災を教訓にしてより良い街作りの為に
みんなが協力できることを考える。

今、放射能汚染で水や野菜の心配をしているが
現状では健康被害のでるレベルではないという。
それなら無理して規制を掛ける必要はない筈である。
地元の県や都の方からも規制緩和の要請があるとのこと。
緊急災害特例法のようなものを早く作れば良いと思う。
とかく日本は無駄な規制に縛られすぎである。
平常時なら問題ないが非常時には手枷足枷が多すぎる。
原発の作業者には2.5倍まで許容するのだから
一般人にも同様の規制解除で良いのではないか。
国が許容すれば国民は反対はしないはず。
それが被災地を救うことになるなら尚更である。

無駄な買占めや自粛をさせるより
少しでも無駄な廃棄を防ぐほうが
国民の生活安定に役立つ筈である。

家庭内の電気の使用の問題でも
容量の高いポットやヒーターやアイロンは控えるとか
小さな積み重ねで一人一人が気を使えば
全体として大きな省エネになると思うのだが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中