やしきたかじん氏の死去

ニュースで見てびっくりした。

療養中なのは知ってはいたのだが

そんなに悪いとは全く思っていなかった。

まだ64歳、自分と同学年なので余計に悲しい。

自分も今年は中学校の同窓会の予定なのだが

果たして今回は何人の級友が集まるのだろうか。

卒業時には50人いた仲間ももう6人が居ない。

卒業以来一度も会っていない者も数名いる。

戦後のベビーブームと騒がれ

団塊世代と言われた自分たちだが

常に新しい困難にぶつかり続けた世代だった。

仲間が多いと云う事は

それだけ競争も激しかった事になる。

労働基準法が厳しくなった現代と違い

24時間勤務や休日返上が当たり前の時代だった。

月間100時間残業が過酷だというけれど

自分達の20代は200時間残業が通常だった。

週休2日になったのは50代になってからで

それでも1日12時間以上は会社にいたが

課長職以上は残業手当はゼロだった。

尤も自分は係長時代からサービス残業が常だったが。

3000円位の役付き手当で200時間の残業だから

会社にとっては安い経費だったと今でも思う。

今でもサービス残業をさせる企業は存在すると思うのだが。

それでも以前ほど過酷な状態では無いとは思われる。

しかし働くことに熱心さはどれだけあるかが問題だろう。

誰もが生きるために必死だった時代。

今では何のために働くかの意義が変化している?

これからの50年はどんな時代になるのだろう。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中