憲法の解釈に思う

最近また国会で問題になっているのが

集団的自衛権の行使が違憲か合憲かについて。

元を正せば成立直後から曖昧なままである。

自衛隊の存在が憲法上何も規定がないのだから。

憲法9条によれば武力は永久放棄であり

戦力たる軍も武器も保持せずとある。

これを遵守するとなれば当然自衛隊は違憲だろう。

それを解釈の問題だけで戦力でなく自衛力とした。

それでも自国を守るだけなら自衛だが

友好国を守るのは最早自衛ではないだろう。

違憲か合憲かを言う前に現憲法が正しいかどうかだ。

間違った憲法なら改正するのが筋だと思うのだが

どんな悪法でも守るべきと唱える議員が多いようだ。

国民主権というならまず国民に改正の可否を問うべきだが

それを実行するには現憲法が障害という矛盾である。

いやはや全く困った問題である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中