新幹線の安全神話

昨日突然発生した新幹線の火災事件には驚いた。

しかも油を被っての焼身自殺が原因とは・・・

いくら設備や装置が安全安心で快適を追及しても

最後は人間の良心にしか頼れない虚しさを感じる。

たった一人の起こした行動で社会が混乱する。

自由を守るための法律が逆に規制で束縛を強いる。

重犯罪者の心理は一般人には理解できないが

メディアは何故かそれを知ろうと追及したがる。

果たしてそれが犯罪防止に役立つかどうか判らないが。

現代社会の中で平和の尊さを守るには

凄惨な事件や事故の危険さも知ることだと思う。

メディアや警察は露骨で無残な現場の真の姿を

必死で隠そうとしている気がするのだが

戦争だけが悲劇の根源では無いことを

そして社会には醜い修羅場のある事も

もっと真剣に伝える時ではないだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中