最近のテレビニュースに思うこと

最近のニュース報道を見ていてつくづく思う。

日本人は何時から出来事の真実追及よりも

対象や結果への批判だけを重視するようになったのか。

ニュースとは事実を忠実に伝えれば良いだけのこと。

それと多岐多様な出来事が毎日発生しているはずなのに

何故かどのチャンネルも同じ話題で同じ内容とは・・・

一つの重大事件が起こると全てのメディアが集中して放送する。

それも絵に描いたように同じパターンの繰り返しだ。

大切なのはそれだけじゃ無いだろうと突っ込みたくもなる。

原発再稼働反対の後は沖縄の辺野古移設反対で騒ぎ

今では安保法案反対で騒いでいる。

東京オリンピック招致の時は歓喜していたのに

国立競技場建設では意味不明な迷走を始め

何故か責任者の追及にばかり話題が集中している。

これらの問題の何一つとして解決していないのに

今一番の問題は安倍首相の行動ばかりに目をやり

しかも全てが批判的に報道しているように見える。

これで国民いや一市民に何をさせたいのだろう。

昔、安保闘争が有ったのを思い出したが

あの時もデモに巻き込まれて死傷者が出たのは

何の罪もない一市民だった気が。

ただ戦争反対と叫べば平和が来るとでも思うのだろうか。

それよりも身近の家庭内暴力や陰湿ないじめを

見ないふりをしないように力を入れるべきではないだろうか。

いやもしかすると危険だからとそれからも逃げたいだけかも。

だから外国なら尚更助けるなんて無理と言う事かも知れない。

自分さえ安全なら他人はどうでも良いというのが本心らしい。

戦争で犠牲になった祖先が気の毒でならない最近である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中