消費税の軽減税率に思う。

2017年の4月から消費税10%が決定しているらしいが

同時に実施される軽減税率はまだ詳細不明である。

何を何パーセントに抑えるかさえ決めかねているらしい。

低所得者と高所得者との公平性をどう確認するのかと

精算処理時の煩雑さをどうするかに苦心しているようだが

どうあがいても全てを満足させるのは無理だと思われる。

たとえば食料品だけに絞ったところで

大衆向けから高級食材まで色々ある。

生鮮食品や長期保存食品、調理済品と調理用品の境界や

加工処理の工程内容など挙げればきりがない。

いっそ主食のコメと小麦粉だけを税率0%にしてはどうか。

ご飯や食パンなどに加工されたら5%とか。

そして弁当やサンドイッチなど複合品になれば10%に。

これなら誰でも簡単に理解できそうだがどうだろうか。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中