NHK紅白歌合戦!!

年末の第66回NHK紅白歌合戦の視聴率が

歴代で最低だったとかで話題にされているようだが

歌番組の盛んだった昭和時代ならいざ知らず

今の日本で万人が楽しむ音楽は皆無だから仕方ない。

テレビが一番の娯楽だった時代は過去の話である。

それでもまだ40%近くの視聴者がいるだけ有り難い。

今は歌を聞くよりビジュアルで如何に楽しませるかが主体だ。

それに老若男女を引き込むにはどうするかが問題。

老人には若いグループの顔や名前は全く分からないし

若人には古い演歌や民謡は興味が湧かないだろう。

いっそ無くせばと思うかもしれないが

やはり折角60年以上続いている伝統番組だから

これからも残していって欲しいものである。

それよりもレコード大賞の方こそ時代に合わなくなっている。

レコードどころかCDさえ売れなくなってきた世の中で

今更レコード大賞というのも何か不自然すぎて仕方がない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中