ゴールデンウィークも半ばに


季節は5月になり、まもなく初夏を迎えることになる。

今日は憲法記念日だが国民はあまり関心も無さそうで

必死になっているのは国会議員だけのような・・・

戦後70年も過ぎて国家を意識する機会が無くなった?

折角の祝日もただの連休の一部になっている。

「こどもの日」や「母の日」の方が市民には馴染み深いからか。

そう言えば選挙も18歳からに変わったことだし

憲法改正を反対する前にどう変えるかを考えるべきだろう。

日本にとって憲法は聖書と考える人もいるようだが

日本国憲法は決して神の教えでは無いはずなのだが・・・