夏休みの想い出・・・


田舎暮らしで夏を迎えるのは50年ぶりなのだが

その当時はまだ学校が主体の生活だったので

社会人としての体験は今年が初になる。

だから色々な事が学校時代の想い出とかぶる。

今日も道端に黒っぽく熟れたイタブの実を食べてみた。

正確にはイヌビワの実と言うらしいのだが

この辺の田舎では昔からイタブと呼んでいた。

大きさは2cm位で味はイチジクに近いかも知れない。

夏休みはこれと、もう一つヨノミの実も食べていた。

ヨノミと言うのも正しくは榎の実なのだが

これも熟れない時は竹筒で鉄砲の玉にして遊び

真夏になって赤く熟れたら食べる事が出来た。

世の中は変わっても田舎の自然は変わらない。

ただ人口が減って子供が消えたのが淋しい。

 

ガソリンの給油!


田舎に帰ってから毎月1回の給油が習慣になった。

なぜなら1度の給油で1000Km走れるので

1か月の走行距離とほぼ同一になったからだ。

そこで本日も給油に出かけたのだが

それでもハイオク仕様なので料金は8000円位になる。

家賃がいらなくなったのでそれでも大丈夫なのだが

駐車場を作らないと買い替えも出来ない。

今年中にはなんとかしなければ・・・