健康診断!!


田舎に帰ってから初めての健康診断をする。

そして今年は1月にやっているので

本当は2度目という事になるのだが

こちらは12月までにやらないといけないらしいので

今日の健診に出かけて行った訳なのだが

身長がいきなり1センチ以上低くなっていた。

血圧が相変わらず150以上だったので

問診の医者にも薬の使用を勧められたのだが

まあ当分様子を見ることにした。

 

 

しばらくご無沙汰になってしまったが・・・


このブログも最近はすっかりご無沙汰状態になっている。

インターネットがうまく利用できない生活になっているので

どうしても書こうという気力が湧いてこなくなったからだ。

パソコンやスマホのアプリやデータのアップロードだけでも

あっという間に数ギガバイトを使ってしまう。

月に15ギガバイトの契約なので毎日使うと半月持たない。

光で接続できていた時が懐かしい思い出になってしまった。

田舎で光サービスの恩恵が受けられるのは何時の事やら・・・

 

 

夏休みの想い出・・・


田舎暮らしで夏を迎えるのは50年ぶりなのだが

その当時はまだ学校が主体の生活だったので

社会人としての体験は今年が初になる。

だから色々な事が学校時代の想い出とかぶる。

今日も道端に黒っぽく熟れたイタブの実を食べてみた。

正確にはイヌビワの実と言うらしいのだが

この辺の田舎では昔からイタブと呼んでいた。

大きさは2cm位で味はイチジクに近いかも知れない。

夏休みはこれと、もう一つヨノミの実も食べていた。

ヨノミと言うのも正しくは榎の実なのだが

これも熟れない時は竹筒で鉄砲の玉にして遊び

真夏になって赤く熟れたら食べる事が出来た。

世の中は変わっても田舎の自然は変わらない。

ただ人口が減って子供が消えたのが淋しい。

 

ゴールデンウィークも半ばに


季節は5月になり、まもなく初夏を迎えることになる。

今日は憲法記念日だが国民はあまり関心も無さそうで

必死になっているのは国会議員だけのような・・・

戦後70年も過ぎて国家を意識する機会が無くなった?

折角の祝日もただの連休の一部になっている。

「こどもの日」や「母の日」の方が市民には馴染み深いからか。

そう言えば選挙も18歳からに変わったことだし

憲法改正を反対する前にどう変えるかを考えるべきだろう。

日本にとって憲法は聖書と考える人もいるようだが

日本国憲法は決して神の教えでは無いはずなのだが・・・